大きくなった目の下のたるみ取りをクリニックで治療!

HOME » 目元の老化のサインとその解消法をチェック » 目の下のたるみ

目の下のたるみ

自分もなったらどうしよう…と若い頃からなんとなく思っていた目の下のたるみ。
やや兆候が現れた時から、これ以上ひどくならないようにと高価な化粧品を使ったり、マッサージしたりしてお手入れを続けている方も多いと思います。
私もそうでしたので、たるみ取りしたい方の気持ちは、よくわかります。

原因を知れば予防は可能

目の下がたるむ原因は様々あり、その原因を知れば、あるていどの予防は可能なんです。
人間の筋肉は25歳くらいから衰えていきますが、そうすると目の下だけではなく、体の他の部分もたるんできます。
加齢だけではなく、体質的なものが原因の場合もあります。

老化が原因のたるみ

最初に考えられる目の下のたるみの原因は老化です。
加齢とともに筋力が低下し、顔の筋力も低下するため頭皮や顔全体の筋肉が下がるため、目の下にたるみが出てきます。
また、加齢によって目の下の皮膚の弾力性が低下することもあります。
歳をとるにつれ皮膚も薄くなり、薄くなった皮膚の中で弾力性を保つ支持組織が緩む上、加齢で細胞が浮腫状となってふくらんでくるので、目の下がたるんでくるのです。

体質が原因のたるみ

体質も目の下のたるみとなる原因です。
体の中でとても大切な器官である目を守るために、目の周りには脂肪がついていますが、体の脂肪のつきかたが人によって違うのと同様、目の周りの脂肪の量も人によって違います。
とくに寒い地方で暮らす民族は目の周りの脂肪が多いです。
しかし、寒い地方の人たちは、寒さから目を守れるように目の周りの皮膚が厚いので、目の下のたるみは目立ちません。
日本人には目の下のたるみが目立つ人が多いのですが、それは日本人が中国大陸、朝鮮半島、シベリア、東南アジアなどから移住してきたモンゴロイドの混血人種であることが理由です。
日本人の目の下の皮膚が薄いのは、目の下の皮膚が薄い南方民族の遺伝子も引き継いでいるからなのでしょう。
もともと目の下の皮膚が薄くて目の周りの脂肪が多いために目の下のたるみが目立つという人はこういう遺伝子を持つ体質のせいであるとも言えます。

まばたきが原因のたるみ

まばたきも目の下のたるみの原因となります。
まぶたや目の下の皮膚は顔のほかの部分の皮膚の1/3程度と薄く、目の周りの筋肉も非常に薄く衰えやすいのです。
人は一日に何回もまばたきをしますが、 目を開けるときには上眼瞼挙筋、目を閉じる時には眼輪筋という筋肉を使っています。
この筋肉が皮下脂肪を支えているのですが、とても薄くて衰えやすい筋肉です。
衰えることによって支えも弱くなるので、目の下のたるみの原因となります。
この筋肉は老化が原因でも衰えてきますが、現代病が原因の場合もあります。
たとえば、パソコンのディスプレイを一日中見ていたり、長時間パチンコをしていたりして普通よりまばたきの回数が少ないと、目の周りの筋肉が低下します。
ときどき、目を離してストレッチなどをして予防しましょう。

頬骨の歪みが原因のたるみ

目の下のたるみの原因には頬骨のゆがみもあります。
ほとんどの人は、骨にゆがみがありますが、歳とともに体の骨がずれてくるのと同じく、顔や頭の形も少しずつ変形します。
顔の骨が内側にずれることが、顔のしわやたるみの原因となるのです。
この場合はエステに通ったり、目の下のマッサージをしてみても治らず、根本的な骨のズレを直さなくてはなりません。

化粧品が原因のたるみ

化粧品油分の多い化粧品も目の下のたるみの原因となります。
油分の多い化粧品の中にイソパラフィンというものが含まれているものがあります。
分子量の小さなイソパラフィンは一般的な油剤として使われ、粘度の高い高分子のものは、接着性、艶出し効果があるため、口紅等のメイクアップ製品の艶出し剤として使われます。
これが皮膚の細胞に絡み付き、その重さで目の下が下がってくるのです。

このように目の下のたるみは様々な原因があります。
私と同じようにこのたるみに悩む人は多いと思いますが、出来てしまったものを戻すには、時間もコストも掛かります。
これまで使ってきたコスメなどコスト計算すると、ほとんど効果が実感できなかったものに長期間お金を掛けてしまっていたんです。
即効性と持続力があるものを…と考えると、やはり美容手術によるたるみ取りが一番。
だからといって美容外科にいきなり行って相談するのも、ちょっと戸惑う…そんな方はメールの問い合わせなら無料なので、利用してみるといいですよ。

口コミで評判のクリニックに問い合わせてみる>>

 
目の下のたるみ取りをするためのクリニックガイド